MENU

濃厚接触者の高齢母がデイホーム再開…のはずが、まさかの!?【体験談】

Last Updated on 2022年7月24日 by maco

要介護2でアルツハイマー型認知症の母が通うデイホームでコロナ陽性者がでてしまいました。

母のお世話をしてくれていたスタッフさんでした。

彼女のコロナ陽性判定を受けて、母も濃厚接触者として自宅留め置きになりました。

そしてようやくデイホーム再開と思ったら、まさかの…!

目次

1週間強の自宅での母の介護。なんとか乗り切れた…はずだったのに。

濃厚接触者になった母。

母は1週間以上は自宅留め置きで、そこからデイホームにいけるはずでした。

自宅での暮らしは…大変でした。

朝昼夜の食事とともに、エアコンをすぐ消す、ドアを開け放ってエアコンの効きを悪くしてしまう。

私は仕事部屋で仕事をしながら、1時間に何回かダイニングにいる母をのぞきに行く生活でした。

足が悪い母のシャワー。何度も私の部屋にいろいろ言いに来ること。

まあ大変でしたが、1週間あまりと思えば「付き合ってあげよう」と思えたのです。

自宅待機になってから数日たって、デイホームから電話がきました。

「来週からご利用いただけます。いろいろご迷惑をおかけしました」

いえいえ、誰も悪くないことなので…。そう言って電話を切り、ようやくデイホーム再開の日がやってきました。

デイホーム再開の日。お迎えの車が全然来ない…

その日、私は子どもの学校訪問が決まっていて、デイホームの迎えが来て母を送りだしたら学校に出発予定でした。

母の送迎は8時40分予定。私は9時に出発し、10時に学校に到着予定。

しかし、待っても待ってもデイホームから迎えの車が来ません。

もう出かける時間が迫ってきています…私はデイホームに電話しました。

「あの、今日はもうそろそろお迎えは来てもらえるのでしょうか?」

すると…いつものスタッフさんではない人が電話口に出て「え!!すみません、まだデイホームには来ていただけません」

えええ!!!なんでそんな大事な連絡を今!

すると、思ってもいないことを言われたのです。

デイホームに行かない間に、クラスターが発生していた

「すみません、連絡が行っていなかったのかもしれませんが…。

最初の陽性者から、続けざまにスタッフ、そして利用者さんと陽性になってしまい、現在ご利用いただけない状態です。

再開はいつになるかわかりません」

えええええええええ!

そうです、なんとクラスターが発生していたのです。

母は運がいい?ことに、濃厚接触者になってからずっと自宅にいたので罹患しないですんだのでした。

しかもなんと、陽性になった利用者さんは、軽度であるため病院の受け入れができなく…。

自宅は一人暮らしだったりするため返せず、そのままデイホームでお世話されているそうなのです。

…絶句でした。

そんなことになっていたとは。

「陽性の利用者さんがデイホームにいるため、こちらに来ていただくことはしばらくできないんです」

自宅での母の世話が続くことになりました…。


子どもの学校にはどうしても行かなくてはならなかったので、急遽コンビニで家に残す母のサンドイッチを購入。

エアコンをつけて、母に「お昼にこれを食べてね」と言い残し、学校に行きました。

そのまま学校で1時間で用事をすませ、とんぼ返りです。

さらに母の世話をしなくてはならないまま、学校も夏休みに突入してしまいました。

前回の記事はこちら↓

介護日記もくじはこちら↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ほぼ50歳になるマコです。若いときに比べて体力も落ち、体の線も変わると、選びたいファッションも変わるし… アラフィフになって思うことを書き綴っています。ダム好き。刑事ドラマ好き。千葉雄大好き。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次