MENU

おせんべいが好きすぎます【認知症介護体験⑤】

Last Updated on 2022年7月23日 by maco

要介護度2、アルツハイマー型認知症中等度以上と言われている母。二世帯同居介護体験を綴ります。

今回は、好きなものはとことん食べ続ける…それがおせんべいだったという話。

目次

おせんべいに目がない

母はクッキーやケーキなどの洋菓子が大好きでした。結構グルメで、いろいろなお店の洋菓子を買っては楽しんでいました。

しかし、ここ最近、「これ昔、母が好きだったな」というお菓子を買ってきてもそうでもない様子。

それよりも! それよりも!! おせんべいが好きすぎるのです。

1日におせんべい1袋はペロリ

ケアマネージャーに聞くと、「好きなものはやめられないんです。好きなものばかり食べてしまいますが、それもご本人のしたいことなので」

しかし…これが本当にすぐなくなるのです。

1袋はとにかくペロリ。一番好きなのは 金吾堂製菓の「オリーブオイル仕立ての塩せんべい ハーブ&ビネガー風味」で、1袋はすぐになくなります。

もちろん私も毎日、食事作りのためにスーパーには行くけれど…おせんべいも意外と高くなっているし、毎日1袋…ってなかなか大変です。

おせんべいがご飯がわり

おせんべいが好きすぎるのはわかったよお母さん。…って感じなんですが、なんと、好きが高じて、食事を食べながらご飯のようにおせんべいの袋を開けています。

私「おかあさん!白いご飯食べたほうがいいよ!」と言うけれど、聞く耳持たず。

母「ああそうねえ、そうしよう」と言いながらおせんべいをむしゃむしゃ。

ちょっと、と止めていたのですが、それでも食べ物を食べているのはいいのかなと思い、最近は止めるのをやめました。


ケアマネージャーによると、「値段の高いおせんべいじゃなくていいんです。外から見て『おせんべいだ』とわかるものがいいです」。

ふむふむなるほどね…。でもこんなに食べるから、高級な包装のおせんべいも買いたくても買えないんだよね。

で、私は今日もスーパーに「おせんべいらしいおせんべい」「硬すぎないおせんべい」「個包装でわかりやすいおせんべい」を買いに行くのでした…。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ほぼ50歳になるマコです。若いときに比べて体力も落ち、体の線も変わると、選びたいファッションも変わるし… アラフィフになって思うことを書き綴っています。ダム好き。刑事ドラマ好き。千葉雄大好き。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次